歯間のケアの重要性

口臭予防には歯間のケアも大事!その理由とは?

 

 

口臭をしっかり予防するためには口腔内をキレイに保つことが
何よりも大切です。

 

 

口腔内に汚れ、食べかすがあれば、口腔内細菌によって
それらが分解されて口臭となってしまうのは多くの方に
とっても周知のお話だと思います。

 

 

そして、当然みんな口が臭いなんて人から思われたく
はないでしょうから、歯磨きやうがい等を行うことでしっかりと対策を・・・

 

したつもりになっている方もたくさんいるのが現実です。

 

 

その理由は普通の歯磨き等のオーラルケアだけで
完璧に口腔内の衛生状態を保てる人が少ないからです。

 

 

口臭の原因となる食べかすや歯垢等が
蓄積されやすいのが歯間、つまりは歯と歯の間とか、
もしくは歯茎と歯の間のような微妙な隙間。

 

 

歯並びがものすごくキレイな人なら大丈夫な可能性もありますが、
歯並びが少し悪い人だっているでしょうし、
虫歯の治療でいびつな隙間になってしまっている人もいるかもしれません。

 

要するにそういった個人差があることで
単純に歯磨きだけすれば口臭対策になるとは
とてもいえないのです。

 

そういった歯並びの悪い方等はどうしても歯間等に汚れが蓄積されやすい
人なので、当然口臭についても注意が必要です。

 

 

ではどういった対策がいいのか?

 

毎回歯医者でクリーニングしてもらうのが確実ですが、
それでは手間やコストもかかってしまいます。

 

 

簡単にできるのはデンタルフロス(歯間ブラシ)を
使ってあげることです。

 

 

 

 

デンタルフロスはドラッグストア等で安く売っていますし、
思った以上に歯間の汚れがとれます。

 

ただ、歯茎を傷つける恐れもあるので
そこは注意した方がいいかもしれません。

 

 

>>>口臭の原因の1位!?その取り方とは?!