舌苔予防に噛む!

よく噛むことが舌苔予防になります!

 

 

噛むことは舌苔をできにくく予防するためには
有効な手段の1つになります。

 

噛むことは口の全体運動になります。
絶えず口の中を動かすことで、口腔内に残っている汚れも
流動的になり、外に排出されやすくなり、
口腔内にとどまりにくくなるというメリットがあります。

 

 

口腔内にそういった汚れがなければ、
舌に舌苔の元となる食べかす等は付着にくくなるわけですからね!

 

 

さらに噛むことによって唾液腺が刺激されて
唾液量が増えることも大きなメリットになります。

 

 

唾液が洗浄液として役割をもって、
口腔内を循環することで、これまた、舌苔はできにくくなります。

 

 

こういった点からも噛むこと自体が舌苔の予防となり、
それに付随して、虫歯や口臭を防ぐことにもつながるわけです。

 

 

特に普段から少し意識して硬い食べ物を食べるように
しておくと自然な形で噛む回数を増やしてあげることができたりします。

 

 

例えばスルメやピーナッツなどは
食卓に取り入れるだけで有効な舌苔対策となります。

 

 

もちろん、硬い食べ物じゃなくても
できるだけ噛む回数を稼いであげる習慣をもつことで、
舌苔は減らしていくことができます。

 

 

もちろん、噛むだけではなんとかならないところもあるので
その都度、舌磨き等の対策も取り入れてあげる必要はあります。

 

 

ただ、その頻度を少しでも減らせるように
噛むという普段からすぐに取り入れられる方法を試してみては
いかがでしょうか^^