舌苔歯ブラシ

舌苔を取るには歯ブラシを有効活用すべき?!

舌苔

 

 

舌の上に白く膜のように広がっている物がいわゆる「舌苔」です。

 

この名前の由来は、舌苔が、岩に生えるコケのように見える事から来ています。

 

 

舌苔ができる理由としては、食べ物のかすや、
口の中に溜まった唾液、細かい歯垢、などが舌の上の味蕾と
呼ばれる細かい綿状の部分に絡みついてできると言われています。

 

 

この舌苔がひどくなったまま、放っておくと
口臭の原因になる事があります。

 

 

そんな舌苔ですが、1つの対策としては、
自宅で歯ブラシでも取り除く事ができます。

 

 

ただ、歯ブラシを使う場合は少しリスクもあります。

 

それは舌自体を傷つけてしまう恐れがあること。

 

 

舌はそれだけ繊細な部位でもあります。

 

 

そのため舌苔の取り方のコツとしては、柔らかめの歯ブラシで、
舌の中心をメインにブラッシングする事です。

 

 

この際、歯みがき粉をつけておいた方が、
口臭予防には有効だったりします。

 

ただ、歯磨き粉の中には研磨剤が含まれているので
あまりゴシゴシしずぎると舌を傷つけるのでご注意を!

 

 

また、寝起きの時など、舌苔が固まっている時は、
歯ブラシの背の部分(プラスチックの部分)で、舌苔をそぎ
落とすようにすると効率的に落ちます。

 

ただし、舌は大変デリケートな部分ですので、
あくまでも舌の表面に生えたコケの部分だけを取るようにしましょう。

 

 

歯を磨くのは普通の毛の固さの歯ブラシ、
舌苔を取る専用の柔らかめの歯ブラシを用意するのも一案です。

 

 

歯ブラシで舌苔を取り除いた後は、口腔内洗浄液(マウスウオッシュ)などで、
口の中を良くうがいすると、口臭がより解消されますよ!

 

 

>>>舌苔を99.7%除去する対策とは?!